【貶める】読み方と意味と類語・・「陥れる」との 違いとは?

資料収集のため、日本経済新聞や政治経済系の本を多数拝読しますが、

その度に読み方や意味がわからない漢字や熟語が出てきすよね?

そんな時、漢字の意味や読み方、さらには類語や英語での表現などを、自分で調べて自己満足で終了していたのですが・・・、

せっかくなので調べた内容などを共有して、ブログの訪問者の方々の時間短縮のために役立ててもらうことが良いのでは?と思いましたので公開していきます。

ということで1回目の今回は【貶める】です

KENSHIN
因みにこの言葉は、「日本を貶めるためなら与太話でも飛びつく朝日新聞・・」という、ある本の一文から見つけ、読み方と意味を再度調べたくなりました。

貶める・・・読み方と意味、

その他の類語や「陥れる」との違いなど、まとめましたのでご覧ください。

【貶める】読み方と意味

・【貶める】読み方・・・おとしめる

・【貶める】意味・・①見下す⓶下落させる

【貶める】読み方

この場合は「おとしめる」と読みますが、別の読み方で「貶す」と書くことで「けなす」と読みます。

意味的に似ていますので、両方覚える方が良いですね。

【貶める】意味

①見下す、軽蔑する ⓶下落させる

「貶める」とは、精神的に高い位置から相手も見下ろすという意味があり、自分より相手が劣っていることを馬鹿にしたりすることや、

「さげすむ」「軽蔑する」「下落させる」という意味もあります。

【貶める】例文

・日本を貶めるためなら与太話でも飛びつく朝日新聞。

・中国を讃美して日本を貶める「反日教育」

・財務省は増税派だから安倍政権を貶めるために変な答弁してるのでは?

・世界を舞台に日本を貶めて快哉を叫ぶ韓国の国民的運動。

・民主党政権が3年余の間に日本を貶め続けたことを国民は忘れてはいない。

「貶める」と「陥れる」の違い

「貶める」と読み方が似ている「陥れる」(おとしいれる)という言葉がありますが、意味は大きく異なります。

「陥れる」の意味は、計略にかけて人をだまし、困難な状況に追い込むこと。攻め落とす、陥落させる、などです。

「貶める」と「陥れる」の違いとは、「貶める」は願望や自己満足的なところで止まりますが、「陥れる」は実際に行動に移すところですね。

「貶める」と「陥れる」の使い方には特に気を付けてください。

【貶める】類語と英語

【貶める】の「類語」にも、貶めるの意味の①見下す⓶下落させるの二つのパターンがあります。

・類語①・・嘲る(あざける)侮る(あなどる)

・類語⓶・・辱める(はずかしめる)穢す(けがす)

「貶める類語」ぞれぞれの例文

・北朝鮮にとっては韓国は嘲る(子バカにする)対象。

・人民解放軍を相手とする以上、その実力を侮ることはできないのだ。

・中国国内では五星紅旗を辱める行為は懲役3年以下の刑事罰だ。

・「荒唐無稽な抗日ドラマ」で歴史を穢すことは許されない。

【貶める】英語

【貶める】の英語、英訳候補は以下の四つです。

・regard somebody as inferior.
・look down upon [on]
・have a low opinion of
・show contempt for

貶める①の意味「見下す」を、そのまま直訳すると、「regard somebody as inferior」になりますが、日本人が使うなら「look down upon [on]」の方が、翻訳も出やすいので良いでしょうね。

例文としては、

Chinese look down on Koreans from the beginning.(中国人は最初から韓国人を見下している)

KENSHIN
貶める=look down on、実にイメージしやすいですね。

【貶める】まとめ

貶める・・・読み方は「おとしめる」、意味は二通りあり、「見下す」と「下落させる」です。

「貶める」と「陥れる」の違いは、「願望のみ」と「実際の行動」となり意味が異なりますので使い方にはご注意ください。

英語の翻訳での貶めるは、「look down upon [on]」英語経験が乏しい方にもお薦めします。

ただ人としては、「貶める人」「貶められる人」どちらも避けましょうね。