韓国との国交断絶を決める前に日本がまず行うべきこととは?

慰安婦財団の解散、徴用工(募集工)訴訟、レーダー照射、極めつけは天皇陛下に謝罪を求めた、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言です!

本当に、韓国には困ったものですね・・とか言ってられない!!

KENSHIN
これだけのことをされて、「遺憾の意」だとか「苦言を呈す」やら、はたまた「未来志向で・・」などとお目出たいことを言っている、現在の日本政府の対応こそ日本国民は遺憾の意です!

そもそも、いきなり殴ってきた相手に「仲良くしましょう!」なんてはありえないでしょうw?

文在寅政権下の韓国は韓国にあらず、文大統領は金正恩の首席報道官ですから、言わば「南朝鮮」という意識を持って外交しないとないダメですよ

これら韓国の数々の無礼に対し、多くの日本国民が「国交断絶」を主張しています。

ただ、国交断絶というのは、実は現実味が薄くなりやすい選択でもあるのです

そもそも国交断絶の定義は、国家間の平和的関係を外交・通商・交通などのあらゆる面で断ち切ることを言いますから・・・即は無理ですよね。

「国交断絶」は最終カードとして、まずは現段階で日本が行うべきこととは何か?

韓国と国交断絶・・その前に

まず日本政府に言いたいこととは、「韓国が変わるのを待つ」という姿勢はやめてほしいです。

現在の韓国の日本に対する態度は、これまでの日本政府と政治家の職務怠慢の結果です!!

KENSHIN
待っても無駄ですよ、それと無視もダメ!意味がないです・・あと、「未来志向で・・」を連呼した、パチンコ利権が絡む防衛大臣は別の人に代えてください、国防にかかわる大事な職務なので当然でしょう?

韓国を変えるのではなく、まずは日本が本気で変わることが重要なんです!

韓国との国交断絶を決める前に日本がまず行うべきこととは・・それはマインドを変えることです。

韓国に対してのあらゆることへの「マインドセット」です!

そのために、今だからこそ、福沢諭吉先生の「脱亜論」を日本の政治家や日本人には読んでほしいですね。

国会中継などを見ていると、日本の政治家のレベルの低さに、ドン引きすることが多々あります・・・与党も野党も、あらゆることに勉強不足であり、認識不足を痛感させられます

「脱亜論」も読んでいない政治家はほとんどでしょうね・・・読んでたらもっとマシな意見が言えるはずですし、まず読んでいたら「未来志向」という考えや言葉などは出てこないです。

韓国に対する効果的な戦略は「脱亜論」から学べます・・すべてはここに書いています。

学んだら、戦略を立てて実行あるのみ!ここからは一つ一つ制裁です。

具体的な戦略は、韓国という国との関係終わらせるのではなく、文在寅政権を終わらせることです・・・つまり戦略として、どのように終わらせるか?が重要なんですよ。

文在寅の目的は、祖国統一であり、北朝鮮への経済支援です・・・彼は自称革命家ですからね。

韓国の国民は本当にそれでいいのか?

金額が計り知れない北朝鮮への経済支援、韓国国民の生活は必ず破綻しますよ!

そもそも朝鮮国の祖国統一に関しては、日本はまったく関係のないことです。(反日側からは「敗戦国の日本が祖国を二つに分けた」とか言われそうですが・・・w)

文在寅政権の反日活動で誤魔化されている、文在寅の野望をいかにして韓国の国民にわからせるのか?

そのための制裁は粛々とやるべきなのです。

期限が守られなければ即制裁

この期に及んで韓国への制裁に消極的な日本政府

KENSHIN
ある政治家は、「制裁は逆効果、反日を煽るだけ」と言いますが、いちいち韓国の反日を恐れるこれまでの日本側の姿勢が、今日の日韓関係を築いたんですよ

韓国は今後も親日にはなりませんから、そろそろ韓国という国を知りましょう!

「遺憾の意」「苦言を呈す」「未来志向で・・」などの言葉による、謝罪要求などでは韓国だけでなく、誰も謝りません

日本側のきちんとした姿勢を示すために、制裁は必要不可欠です・・ただ、その前に期限は設けることは大事ですけどね・・・最後通告です。

例えば「天皇陛下発言の撤回と謝罪を求める・・・謝罪期日は〇月〇日とする、期日が守られなければ、その日に駐韓大使を召還する」などです。

天皇侮辱発言は大使召還

文喜相国会議長の天皇陛下への侮辱発言は、大使召還に値します。

天皇への侮辱発言は李明博政権の時もあり、日本側は竹島上陸問題など大使召還も含めて抗議の意を示す方針を表明しています。

大使召還の実行としてついでに、韓国国策銀行への保証枠の撤廃も良いですね、韓国経済がお金を借りれなくなりますから。

徴用工問題は就労ビザの発給制限で対応

文在寅政権の雇用対策の失敗により、日本企業は韓国の若者の雇用をこれまでに1400人以上受け入れてきました。

KENSHIN
この試みは、今後5年間で韓国の若者1万人が新たに日本で就職することを目指す「韓日つなぎプロジェクト」なんですが・・冷静に考えたら、これ第2の徴用工でしょw?

同じく、70年後とかに「あの時は差別や迫害を受けた!」とかで訴えられますよ、きっと

韓国ならあり得ます・・・という理由で、第2の徴用工は御免!として、「就労ビザの発給制限」で徴用工問題に対処すれば良いと思います。

日本で働けなくなる韓国の若者には悪いけど、これまでがこれまでだからね・・・これを機に、正しい日韓の歴史を韓国の若者には学んでほしいです。

制裁に関しては、まだまだあります・・・日本は韓国にきちんとした姿勢を行動で示し、韓国に謝罪要求や歴史問題の確認を行いましょう。

ホンコンさんも同じように怒っていますw

ユニークな、韓国への制裁は竹田恒泰先生の動画でどうぞ!ビールのことは知らなかったなぁww

「脱亜論」から学び反日対応は迅速に

結論としては、韓国の低俗な振る舞いに、いちいち腹を立てても仕方ないということ。

「脱亜論」から学び、韓国への対応や反日文化への対応を身に着け、制裁を行うべき時は、迅速に粛々と行えばいいのです。

これらの制裁に関して、反日がこれ以上ヒートアップするなら、それこそ国交断絶で良いと思いますよ

韓国もきっとわかる日が来ます!

中国も北朝鮮も利用するだけ利用したら韓国は用済みとなりますので・・・日本はその時に、韓国を助ければいいのではないでしょうか?

落ちるところまで落ちないことには、人も国も変わらないと思います。