文在寅政権の末路が決定!最側近の汚職と検察の裏切りで終了!

韓国ネタ以外の記事も書きたいのですが・・・文政権が次々とやらかすのでw、引き続き書きます!

今回の一方的なGSOMIA破棄後の国際的な批判に、韓国はたじろいでいますww

特に、米国からは「失望」の連呼を受け、トランプ大統領にいたっては先進国の首脳が集まるG7の席で

Trump
文在寅という人が信じられない・・・金正恩は、『文大統領はウソをつく人だ』と俺に言ったんだ!

と、重ねて批判、さらには・・・

Trump
なんで、あんな人が大統領になったんだろうか?

などの疑問を投げかけ、同席したG7の首脳らを驚かせたようです・・・w。

KENSHIN
因みに安倍首相は無表情だったみたいですよww(苦笑ぐらいはしていたと思いますが・・)韓国に対しての安倍さんのスタンスは、約束を守らない韓国は「助けない、教えない、関わらない」の非韓三原則を貫いています。

「北朝鮮への配慮」と「責任は日本論」だけで、その中身の重要性を深読みできず、GSOMIをA破棄した韓国・・・自業自得ですよね。

KENSHIN
深読みできず・・と言えば「北朝鮮への配慮」ですが、「GSOMIA破棄」などの文在寅の配慮などは基本無視であり、金正恩は文在寅が米国からの「北朝鮮への制裁解除」を取り付けない限り、電話にも出ない、とのこと

現時点で、米国と韓国がまともな話は出来るとは思えないので、これまでもそうですが、制裁解除はあり得ないことであり・・・文在寅が掲げた「平和南北経済」などはこのまま絵空事に終わるでしょう。

現在の韓国では、文大統領の退陣を促すデモの数が日に日に増えております・・・。

そしてここにきて、文在寅の政治生命が終了するかもしれない大事件が起こりました!

文在寅の側近中の側近のチョ・グク氏の汚職です

こちらに書きましたが、文政権の韓国共産化を扇動していたのは彼です・・文在寅大統領は本当に無能でバカなのだろうか?

文政権を操る元大統領府の民情秘書室長で、現在は法務部長官内定者であるチョ・グク氏が関係する多数の不正疑惑が浮上し、韓国民の怒りの矛先が日本ではなく文在寅政権に向かい始めました。

KENSHIN
チョ・グクは、韓国のエリート左派で、親北反日の急先鋒、チュチェ思想の信仰者ということも隠そうとしない危険人物でした・・・因みに、不買デモからの反安倍デモを仕掛けたのもチョ・グクの仕業みたいですね。

外交関係では日本には無視され、米国には失望され、北朝鮮には絶交され、そんな危機的な状況の文政権に発覚した側近のスキャンダル!

どうやらこれで文在寅の末路も、歴代大統領と同じみたいですね・・・いや、それ以上かな・・・。

チョ・グクの汚職で文在寅も終わり?


文在寅の側近中の側近の汚職疑惑ですが、取り出されているのは以下の7項目です。

※これ以外にもチョ・グクの疑惑は存在しますが、代表的なものを紹介します。

①私設ファンドへの投資 

②不動産偽装売買 

③弟の偽装離婚と債務弁解回避疑惑

④娘の奨学金受領疑惑 

⑤偽装転入と総合所得税の遅延納付

⑥南韓社会主義労働者同盟活動疑惑 

⑦娘の論文不正(不正入学)

この中で韓国民がもっとも反応したのが、⑦の娘の不正入学です!

学歴社会の厳しい韓国で、不正入学への韓国民の怒りは相当なもの・・・

前政権の朴槿恵も、民間側近の崔順実氏の娘の不正入学疑惑が朴政権をそのまま退陣に追い込みましたので、チョ・グクも同じになります。

KENSHIN
崔順実氏の娘は馬術競技の韓国代表で高校時代の2014年仁川アジア大会に馬術の団体戦で金メダルを獲得したほどの実力者、逆にチョ・グクの娘はかなり頭が悪く、その他秀でるものも皆無・・それなのにかなりの待遇を受けているようですから、韓国民の怒りがチョ・グクに向かうのも当然ですよね。

韓国スキャンダル法務大臣候補

まさに、韓国スキャンダル法務大臣候補のチョ・グク・・・。

チョ・グクへの「人事聴聞会」も行われるようですが、これも一筋縄ではいかないのでは?

チョ・グクの11時間に及んだ「言い訳」・・・韓国民はどう判断するのかが重要ですね、この状況でのチョ・グクの法務大臣強行任命はありえないでしょう?

①の私設ファンドへの投資などは、文在寅に賄賂が渡っていないか?などの疑惑も取り出されています・・・検察当局が描く、文政権終了へのプロセスに注目が集まります。

チョ・グク韓国民の反応

文在寅のチョ・グク法務大臣強行任命は墓穴を掘りました!

デモの黒幕、チョ・グクの力が弱まっている今こそ!文大統領退陣デモを盛大に!!行きましょう!

とにかく、文政権をとっとと終わらせることは優先順位、一番ですね!

ただ・・・まだまだ左翼洗脳が強いのが現在の韓国です・・・。

文在寅も韓国歴代大統領と同じ末路を歩むのか?

このままでは、文在寅大統領も歴代大統領と同じ末路を歩むのはではないでしょうか?

因みに、こちらが韓国歴代大統領のその後です

李承晩→ハワイに亡命
尹潽善→実刑判決を受けた
朴正煕→暗殺
崔圭夏→奇跡的に無事
全斗煥→死刑判決を受けた
盧泰愚→懲役刑を受けた
金泳三→経済政策に失敗 評価が低い
金大中→ 対北送金疑惑
盧武鉉→ 自殺
李明博→ 横領・収賄容疑で逮捕
朴槿恵→現在収監中
文在寅→逮捕?

国を代表する大統領が汚職にまみれて奈落の底へ落ちる韓国という国

大統領を変える前に国の構造を変える必要があるかと思うのですが、ただ・・それは南北統一ではないです。

文政権内の裏切りと米国の動き

GSOMIA破棄の発表から、明らかに韓国内でも国民を中心に批判が増えるようになり、その流れからか文政権内にも様々な動きが目立つようなってきました。

韓国検察の裏切り?

例えば、今回のチョ・グクの強制捜査を行った検察ですが、検事総長は朴槿恵政権追求の功労者として文在寅が任命したユン・ソクヨルです!

KENSHIN
要するに、文政権の思いのままとなる「検察改革」をユン・ソクヨルに任せてのです。

そのユン・ソクヨルが、文大統領に通告せずにチョ・グクの強制捜査を敢行したわけですから・・・何か?ありましたよね?

現在は、朝鮮日報などが文政権に味方して、「チョ・グクの強制捜査は無効!」などと検察を攻撃をしていますが、すかさず検察は朝鮮日報を脱税などの疑いで追い込んでいます・・・

今後、文政権寄りのメディアの強制捜査に検察が動くとしたら?

それは文政権に対しての完全なる裏切行為となり、ユン・ソクヨルは反文在寅派に寝返ったことになるでしょう。

KENSHIN
囁かれる理由は様々です、「GSOMIA破棄から米国との関係を本気で切る文政権に危機を感じた」からや「純粋に『人に忠誠してはけない』という原則主義者としての仕事を全うした」など、さらには同じソウル大学の後輩のチョ・グクが法務大臣なれば、自分より立場が上になり改革が出来なくなるので阻止した!など、真相は明らかになっていませんが、これからハッキリしてくるでしょう。

韓国の反応と対応次第で米国は動く

不気味なのは米国のこれからの動きです・・・

今は静観していますが、冒頭のトランプ大統領の文在寅批判から、水面下では着々と文政権終了へと米国の各長官たちは動いていると思われます。

米国は、スイッチオンからは速いですから・・・

韓国の対応次第では、米国は米韓同盟の破棄にも積極的に動いて来るでしょうね

KENSHIN
ポンぺオが今後も「韓国に失望した」を繰り返し、ボルトンは韓国の竹島訓練を早速批判、駐留費5倍の交渉の駆け引きも始めています、そして韓国政府に最大の侮辱を受けた元軍人のハリス駐韓大使は、次は100倍返しすることでしょう。

日本に無礼な態度を続けてきた韓国が、現在は米国にまで無礼な態度に出ていますが・・・米国は日本とは違います。

文政権の韓国は、本当の米国の怖さを知らないようです・・・やばいですよ。

大統領が変わっても何も変わらない韓国と関わらない

文政権は、年内持つのか?

わかりませんが、大統領が変わり、新しい政権が誕生しても基本的には韓国は何も変わりません。

一番の原因は、北朝鮮の金王朝の存在です・・・。

金王朝が滅ばない限り、朝鮮半島の平和は望めないということに、韓国民は気づかなければなりません。

このまま、中途半端な南北統一などはありえません

KENSHIN
そして金王朝の忠実な下僕が、韓国の文大統領ですからね・・・ただ、金正恩は頭の悪い下僕は必要としないので、文在寅は統一前に粛清されるでしょう・・親北反日政権は韓国を滅ぼす。

反日教育というプロパガンダをこのまま続けて、経済的に助けてくれる日本との関係を切っても本当に大丈夫なのでしょうか?

韓国とは関わらない

しかし筆者は、韓国との関係のリセットを望みます、お互いまずは頼らない関係でお隣同士、ここからまた経済発展していきましょう

「大統領が変わっても何も変わらない韓国と関わらない」日本はこの基本ベースで行きましょう!

文大統領・・・平和南北経済も良いですが、すべては「論より証拠」ですからね・・・・。