「韓国への制裁はいつ?」制裁の理由が必要ならこれでしょう!

日本で言う終戦の日の8月15日は、韓国では日本からの解放記念日である光復節にあたり、文在寅大統領が演説を行いましたが、いろいろ理由があってなのか?

演説内容に以前のような日本を糾弾する激しさは鳴りを潜め、抑制的でしたね・・・。

これまでの文在寅演説では、日本のあらゆる措置に対する不満発言があったものの、今回は慰安婦問題や徴用工の問題に直接言及することはありませんでした、さらに

文在寅
今でも日本が対話と協力の道に出てきてくれるなら、我々は喜んでその手を握ります。

とのこと・・・でも、こちら側は手を握られても困ります。

因みにこちらの文大統領の演説にすぐに反応したのが、我が国の防衛大臣

岩屋大臣
一時期の発言に比べると非常にモデレイト(穏やか)された形になってきている
KENSHIN
だから何?と言いたい、韓国とは個人的な?利権絡みで関係修復を狙っているのか?と思わせるような発言で不愉快になりますね・・・。

安倍政権は今からでも岩屋防衛大臣を解任しとくべきです、今後再協議が予想される韓国との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や米国とのホルムズ海峡の有志連合などのことを彼にはまとめることは無理ですから・・・。

前回にも書きましたが・・・⇒『韓国の文在寅大統領は本当に無能でバカなのだろうか?』

文在寅が大人しくなったのは北朝鮮が本気で怒っているからです。

チュチェ思想に洗脳された文在寅の頭の中は、北朝鮮との融和、そして南北統一だけですから、その恋人にそっぽを向かれて「二度と会わない!」と言われたら、誰でも落ち込みますww。

そんなことより、日本政府はいつになったら韓国へ本格的な「制裁」を発動するのでしょうか?

明らかに、まだまだ韓国側への配慮が日本政府には見て取れます

KENSHIN
筆者の考えとしては、文政権のうちに徹底的に制裁を行い、韓国との関係をリセットする方が良いと思います・・そして次の政権と、もう一度、日韓請求権協定についてお互いの意向を再確認にして、韓国側が破棄したいならそれでいいです、その代わりお金は全額返して頂く、あと勝手に解散した慰安婦財団の賠償金も返して頂き、国交断絶です。

韓国への本格的な制裁時期を、「徴用工の資産現金化の具体的な動きがあってから・・」などと日本政府側が発表していますが・・・

そもそも徴用工というプロパガンダを仕掛けてきている韓国に合わせる必要はあるのでしょうか?

明確な制裁の理由が必要なら、韓国を国際的に訴えることが出来る事件がありましたよね?

「安全保障上の不適切な事案があった」ですよ!!

韓国を日本が制裁する理由はこれです!!

韓国への制裁理由はこれで決まり!

制裁にもいろいろな手段があります・・⇒『韓国の崩壊はいつ?日本政府が金融制裁すれば韓国経済は破綻する』

簡単なのは、日本が韓国にこのまま「金融制裁」を仕掛ければいいだけのだけことですが、それでは国際批判を受ける可能性がございます・・・

KENSHIN
大切なのは、国際的な支援(応援)を受けながらの「正義の制裁」を行うことです。

韓国の「横流し」を安保理違反で提訴しろ!

今回の対韓輸出優遇措置の見直しに関して、韓国側は「徴用工問題による日本政府の報復」と連呼しますが、日本側の対応は一貫して、「安全保障上の不適切な事案があった」とあります。

韓国側は「不適切な事案」について説明を求めていますが、日本側は韓国側への配慮?なのか、言及を避けています・・・。

しかしながらここに来て、韓国の「横流し」、非ホワイト国などへの迂回輸出の中身は、国際的な犯罪であり、重要物資の製造国である日本の対応もシビアに行わなければなりません

それは、韓国をホワイト国からの除外という事務的で未来志向的な措置ではなく

「韓国は自国の利益のために隠れて重要物資を危険国に横流しし、大量破壊兵器を作らせ、世界の平和を乱す犯罪国である!」ということを、安保理違反で正式に提訴することです。

要するに「不適切な事案」の内容を具体的に説明し、世界基準で訴えること!

これこそが、国際的な支援(応援)を受けながらの「正義の制裁」に繋がることなのです!!

韓国への制裁はアメリカとの共同で行う

韓国の優遇措置の撤廃から時が経ち、あらゆる「ファクト」が明らかになってきました・・・

そもそものこの問題は、大阪でのG20開催中に首脳国の随行員が集まる場所で「正規ではない瀬取りで物々交換している国がある」という、アメリカの随行員の吐き出しから始まりました。

物々交換をしている国とは、もちろん韓国であり「日本は直ちに韓国との重要物資の取引を停止するべきである」と、G20の場で警告したのもアメリカです。

ジャーナリスト宇田川敬介さんの取材では、次のようなファクトが明らかになっています

G20でのアメリカ側の韓国への怒りは相当なものであり、「韓国はけしからん。習近平と組んで我が国とイラン、我が国と北朝鮮を戦争させようとしている。すでに韓国は同盟国という感覚を持ってはいけない国になった」と吐き捨てたそうです。 <月刊WiLL9月号より>

これらのファクトから、G20後の日本側の韓国への輸出規制発表からのホワイト国除外の迅速な対応も頷けますね、因みにまだまだ日本は単独では動けない現状も明らかになりました。

韓国への日本からの制裁はいつ?

現在も日本の措置が「徴用工裁判の報復でホワイト国を解除した」という認識のままの韓国ですが、日本は水面下でアメリカと組んで、韓国への制裁準備を着々と行っています。

気になる「制裁」のタイミングですが、いつでしょう?GSOMIA協議後?

GSOMIAの延長?それとも破棄?

例えば、直近に協議予定の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)での日本との関係継続が破棄となれば、それは米韓同盟の破棄も意味しますので

GSOMIAが破棄となれば、日本はそのまま制裁発動するかもしれません。

韓国側が見誤ってるのは、「アメリカがGSOMIAを破棄させない」と思っているところです。

アメリカが韓国に制裁を加える

そもそもアメリカは文政権の韓国を信じていませんので、今後もアメリカから「離れるため」の無理な条件を提示し続けてくることでしょう。

KENSHIN
先日の無理な条件として韓国に要求した、これまでの5倍の防衛費分担金総額50億ドルを韓国側が「支払う」と言ったとき、ボルトンは驚いてたみたいですよww。

しかし、アメリカは関係なく、韓国から離れていくでしょう・・・

そしてアメリカが韓国を離れる時は、韓国という国を焦土化させてからです・・・トランプ政権のアメリカは有言実行です

ということは、アメリカが韓国に制裁を加え、韓国の経済破綻させるということでしょう。

KENSHIN
文在寅の愛読書「米帝国主義が世界を支配するために発展途上国で民族を分断させている」にもあるように、米韓同盟こそが諸悪の根源と思う文在寅と文政権の中枢は正々堂々とアメリカと戦ってください・・・。

そして韓国はリセットされます、日本との交渉はそれからです・・・。